クレジットカードは使い過ぎると怖い目に会います。

クレジットカードは手軽に使えてしかも簡単に買い物や支払いができるのでとても楽なものです。現金を持ち合わせていなくても多岐にわたり利用できるのは便利ですがやはり目に見えない分、無駄使いなどして支払いに苦労することも出てくることです。支払いに多くの金額に困った人も多いでしょう、このように手軽に使える分に後で金額の大きさに驚く人は多いのです。目に見えない分、ついつい使いすぎてしまい積もっていくので支払いが大きくなってきます。支払い期日にもし支払うことが出来ない場合はクレジットカードは信用問題になってしまいます、一度くらいは間に合わなくても良いですが徐々にブラックリストに乗ってしまうと信用問題は大変なことになってしまうので使い過ぎはとても注意が必要なのです。

私のクレジット利用について

私は現在航空会社系のクレジットカードを使用しています。実家に帰省する際に飛行機を利用するので、搭乗ごとにマイルがたまるカードを選びました。カードの種類によっては、利用回数に限度がありますが、空港のラウンジも無料で使用することもできます。家賃やライフラインの支払いも全てカードでの支払いで、スーパーでの日用品の買い物もカードで支払いをしているので、日常的にクレジットカードを利用してマイルを貯めています。貯まったマイルを、今まで何度か特典航空券と引き換えてたりしました。海外旅行に行く際も、クレジットカード付随の保険を利用しています。一度海外でクレジットカードを紛失した事がありますが、電話をしたらすぐに繋がり、即座にカードの使用停止など即座に対応してもらった経験があります。

クレジットカードを使おう

普段クレジットカードはあまり使わないようにしています。限りなく使ってしまうと、いつの間にかすごい金額を使ってしまうだろうと思うのでセーブしています。ですが、そんないつもは使わないようにしているクレジットカードを使おうと思っています。なぜなら自分の誕生日だからです。普段は自分の貯金からクレジットカードの引き落としがされてしまうので、あまり買い物もしませんが、誕生日は特別です。ずっと前から何を買おうかなと迷っているのですが、全く決まりません。そして、最終的に考え付いたのが、私にではなく、子供たちのためになるようなものを自分の誕生日に購入しようと思いました。それでクレジットカードにポイントもたまるので、一石二鳥かなと思います。

サインが必要なクレジットカードは面倒!

近所には沢山のスーパーマーケットやコンビ二、オシャレなお店やレストランがあり、ほとんどサインレスでクレジットカードを利用する事ができます。しかし、近所の大手量販店は未だに一般のクレジットカードの場合サインをしなくてはいけません。小さな商店ならしかたがないと思うのですが、この量販店は日本全国に展開している量販店です。それなのに、相変わらずレジでクレジットカードを提示した後はサインをする事になります。サインをしなくても良くなるには、その量販店のクレジットカードを利用するしかなく、結局その量販店だけ用にクレジットカードを申し込む事になりました。毎回サインをしなくても良くなったのですが、それより専用クレジットカードを作らせようとする商法、どうにかならないかと思っています。

クレジットカードのポイント

クレジットカードのポイントは普段あまり気にしていないようですが、すべての支払いをクレジットカードにまとめるようにすればかなりのポイントがたまることになります。私の場合は、通常のカードよりもポイントが貯まりやすい種別のクレジットカードを利用しています。最近ではコンビニエンスストアや駅の売店での支払いもクレジットカードを使っていますので必然的にポイントがたまりやすくなります。もちろん公共料金等もクレジットカードで支払っています。年間にすると約3万人近いポイントを貯めて、商品券などでキックバックをしてもらう状態になっています。年会費が500円かかっていますが、普段の利用方法でこれだけのキックバックを得られるのであれば非常にお得だと思います。

クレジットカードを利用した時の失敗談

私は3年ほど前から「JALカード」を利用しています。JALカードは利用した額に応じて、マイルが加算されるため、よくこのカードを利用するのですが、マイルを早く貯めたいからという理由だけでクレジットカードを使いすぎるのも怖いと感じた経験があります。私はとにかくマイルを貯めたかった月があり、数百円単位の買い物もカードで支払っていました。現金での支払ではないので、金銭感覚が分からなくなり、数百円くらい大丈夫だろうと何も計算せずカードで支払い続けていました。後日請求書がきて驚愕しました。なんといつも払っていた額の3倍ほどの請求がきました。何でもカードで払うとどれくらいお金を使っているのか分からなくなり、当時のように驚きの請求が来るのだと反省し、今ではなるべく現金で払うようにしています。

クレジットカードを賢く使う技

クレジットカードは普通に使っても非常に便利なものですが、さらにコツを知っているとより便利に使用することが出来ます。まず賢く使う上で知っておきたいのがポイントの活用方法です。様々なクレジットカードでポイントが当たり前のように導入されていますが、それらの使用方法は若干異なります。ほとんどが買い物で使用することが出来るのでほとんど現金のような感覚で使用することが出来ますが、書籍や消耗品など普段の自分の買い物とマッチしていればよりお得に使うことが出来るでしょう。また普段利用するガソリンスタンドや通販など、どのクレジットカードが最適かはそれぞれの生活圏内やパターンに依存するので、ぜひお気に入りの一枚を見つけて下さい。

プラチナカードは水戸黄門の印籠

私の持っているカードはVISAのプラチナカード1枚です。もちろん最初からプラチナだったわけではありません。大学生の頃に作ったカードを社会人になってからもずっと使い続けていました。リボ払いなど一度も使ったことはなく、何を買うにも一括払いのみ。長年信用をためて、普通のカードからゴールド、プラチナと成長していきました。プラチナカードは年会費として5万円プラス消費税がかかります。でもそれが高いとは思いません。現在、私は半分仕事をリタイアして悠々自適な生活を送っています。いわば過去の肩書を捨てたようなものですね。それでも旅先などでぞんざいな扱いを受けたことはありません。少しはプラチナカードのおかげもあるのではないかと思っています。ホテルなどでは水戸黄門の印籠を取り出す気持ちでカードを出しています。(気分だけ)今このカードを失くしたら、すでに肩書を捨てた私に同じような信頼度のあるカードを作ることはほぼ不可能でしょうね。プラチナカードは隠居生活をしている私の、ちょっとした心の拠り所みたいなものです。

楽天のクレジットカードを作ってよかった

わたしが今年になってから新たに作ったクレジットカードは、楽天のクレジットカードです。楽天のクレジットカードを作らなくても、先に2社クレジットカードを作ってあったので不自由はありませんでした。それにわたしはお金の管理があまり得意な方ではないため、クレジットカードは2枚あればそれで十分だと満足していました。それなのにどうして楽天のクレジットカードを作ったのかと言えば、わたしの仕事の振り込みで楽天の口座を作る必要があったからです。初めは「面倒くさいな~」と思ったのですが、楽天の口座を持つと振込手数料が無料になったり、その他にも楽天で買い物した文のポイントがどんどん加算されるので、作ってよかったと思っています。

Tカード クレジット

Tカードは今やどの店に行っても持っているかを聞かれるカードのひとつです。私も20歳の時にクレジット機能付きのカードを作成しました。クレジット払いだと当時100円で1ポイント付与されていました。年会費は無料でした。去年から年会費が500円発生するようになりましたが、使用頻度高いと年会費が無料です。ポイントもクレジット払い200円で1ポイントになりました。使用頻度を高めるために電気、ガス料金等スーパーの支払いをクレジット払いにすることにより、ポイントが貯まって行きます。携帯料金も一括しているので月に支払い合計が10万円くらいです。Tポイントが月に500ポイント付与されます。年間で6000ポイントも貯まるので、とても馬鹿にはできない。この貧困時代にポイント制度をうまく活用して生き抜く事が必要です。